おすすめの一冊

 

みなさん、こんにちは!

リクルーターの尾形です。

 

今月のテーマは「お勧めの一冊!」

という事で、リクルーターがそれぞれのお勧めの一冊を挙げていっています。

自己啓発本でびびっと来る本というのはどちらかというと自分に足りないモノや考え方が書かれた本が多く、それぞれのスキルや課題によって違ってくると思います。

だからこそ、難しく感じたり、当たり前に感じてしまったりするのだと思います。

そんな中で私がとても分かりやすく、理解できていると思いながら理解できていないもので、就職活動に活かせる本を1シリーズピックアップしました。

 

エンゼルバンク  ドラゴン桜外伝

著:三田紀房

 

「バカとブスほど東大に行け!」というインパクトの強いキャッチフレーズで人気に火が付きドラマにもなったドラゴン桜の外伝です。漫画でごめんなさい。

外伝なのでドラゴン桜に出てきた登場人物がそのまま登場します。

このシリーズでは転職を題材にしていますが、

社会の仕組みや、仕事との向き合い方等、社会に出る前に読んだ方が絶対にいいと思うお勧めのシリーズです。

最近では働き方改革といいながら、仕事との向き合い方に対して目的よりも制度が優先されている傾向があるように感じています。

制度が出来るという事は目的があります。

例えば、新卒採用がなぜ日本で取り入れられているのか、どのような成長の過程があってどのようなメリットがあるのか等、知っていそうで知らない事についてとても分かりやすく描かれています。

求人と求職 の双方の悩みに対して風刺を入れながら描かれているのでスカッとしながら読むことが出来ます。

社会人になってからでも楽しめるシリーズですので是非読んでみて下さい!

気になってすぐにでも見たいって方は、「エンゼルバンク 名言集」で検索してみて下さい!それだけでも十分に楽しめると思います!

 

リクルーター 尾形